マウスピース矯正 インビザライン / 東京マウスピース矯正センター・青山アール矯正歯科 大阪



東京 青山アール矯正歯科
マウスピース矯正インビザライン ト患者様向けムービー








見えない矯正治療
目立たない矯正器具
通院回数の少ない矯正治療
Digital Photography Class
   を、ご希望される方にオススメします。

 マウスピース矯正 invisalign(インビザライン)とは?


米国のアラインテクノロジー社が開発したうすい透明のマウスピース型の矯正装置です。
世界で100万人の患者様に使用されている矯正装置です。

ご自宅でカスタムメードされたマウスピース(アライナー)を2週間に1度交換して行くことにより歯を徐々に動かしていきます。
ワイヤーを使用しないため、見た目はつけているのがほとんどわかりません。

ご自宅で治療を進めて行くことができることから1.5〜3ヶ月の間隔の通院で治療が可能になります。

見えない矯正治療、目立たない矯正器具、通院回数の少ない矯正治療をご希望される方へオススメの最新の矯正治療です。


 世界唯一の治療シミュレーションソフト 「クリンチェック」
シュミレーション動画を見る
インビザラインは少しずつ変化させたアライナーを2週間ごとに口に装着し、歯を徐々に動かしていきます。
3Dデジタル化された歯列から光造形(CAD/CAM)技術を利用して順次変化させたアライナー(マウスピース)を作製する技術は世界でもアライン社(米国)しか行っておりません。
またアライナーを作製するための治療シミュレーションはアライン社独自で開発したソフト「クリンチェック」を使用します。
患者様担当の矯正医とアライン社のプログラマーがクリンチェックを見ながら、インターネットで情報交換しながら治療シミュレーションを作り上げていきます。
矯正医が最終的に決定した治療シミュレーションをもとにカスタムメードされたすべてのステージのアライナーが製造されます。
あなたのインビザラインができるまで


 これまでの実績
これまでに全世界で4万名を超える先生方が、インビザラインで患者の治療を行うための認定を受けており、100万人を超える患者がインビザライン治療を受けています(2008年12月末現在)。インビザラインでの臨床報告については多数の論文があり、その多くが審査のある学術専門誌(AJO, JCOなど)で発表されています。
当院の患者様の約8割がインビザラインで矯正しています。青山アール矯正歯科はマウスピース矯正インビザライン年間症例実績、世界トップレベル(2008年)の矯正歯科専門クリニックです。
米国のアンケート調査結果によれば、インビザラインによる治療を受けた患者の87%がインビザラインによる治療結果に「非常に」、もしくは「極めて」満足しているとの結果が出ています。
(米国大手マーケティング調査会社が2004年4月に225名を対象に実施)

インビザラインを開発、製造し、世界の主要国に提供する米国アライン・テクノロジー社は、2001年にナスダック市場に上場し、現在では従業員約1,000人を擁する規模(2005年度実績)まで成長してきております。






 インビザラインに関する主なホームページ

海外
invisalign」 米国インビザライン公式ホームページ
Aligntech institute」 患者さまとドクターのためのインビザライン情報サイト
Align Technology, Inc」 投資家向けの米国アライン・テクノロジー本社のサイト
日本
インビザライン臨床教育サイト」 日本の矯正専門医のための臨床教育サイト
インビザライン・ジャパン・ホーム」 日本インビザライン公式ホームページ



 インビザラインに関する最近の著書や論文
Boyd, R (2007). Conplex Orthodontic Treatment Using a New Protocol for the Invisalign Appliances. Journal of Clinical Orthodontics . Vol XLI,Number9, 525-547
Stewart, H (July 2007). Conservative Dentistry and Bioesthetic Principles. Functional Esthetic Interface, Contemporary Esthetics.
Womack, R (2006). Case Report Four-Premolar Extraction Treatment with Invisalign. Journal of Clinical Orthodontics. Vol 40, Issue 8, 493-500
Giancotti, A, & Ronchin, M (2006). Case Report Pre-Restorative Treatment with the Invisalign System. Journal of Clinical Orthodontics. Vol 40, Issue 11, 679-682.
Turatti, G, Womack, R, & Bracco, P (2006). Case Report Incisor Intrusion with Invisalign Treatment. Journal of Clinical Orthodontics. Vol 40, Issue 3, 171-174.

その他・一覧


The Invisalign System
Edited by Orhan C Tuncay


 インビザラインに関する研究を行っている主な大学や研究機関

米国 パシフィック大学 University of the Pacific School of Dentistry

米国 ワシントン大学 University of Washington

米国 フロリダ大学 University of Florida

イタリア フェラーラ大学 University of Ferrara, Italy

イスラエル テルアビブ大学 Tel Aviv University

日本 昭和大学 Showa University





Why people prefer Invisalign
The convenience and ease of use of the Invisalign system have made it the choice of over half a million people. In fact, Invisalign has been effective in giving hundreds of thousands of people amazing new smiles.
 ・Most people won't notice you're in treatment
 ・Won't disrupt your lifestyle
 ・Free initial consultation with participating doctors


No metal wires or bands to irritate your mouth, and best of all, most people won't notice you're in treatment. InvisalignR, the clear alternative to braces, has been chosen by over 500,000 people who want amazing smiles.








東京マウスピース矯正センター・青山アール矯正歯科  東京都港区南青山1丁目15番2号 越山ビル2階  TEL.03−3746−4180
青山アール矯正歯科東京公式サイト
青山アール矯正歯科 大阪

(C)Aoyama R Orthodontics All Rights Reserved. Powered by Alkjapan