インビザラインを補助する矯正装置 / 東京マウスピース矯正センター



東京 青山アール矯正歯科
Aoyama-r orthodontic clinic

マウスピース矯正インビザライン ト患者様向けムービー



インビザラインを補助する矯正装置

マウスピース型矯正装置には特定の歯の動き(歯牙の挺出、歯根の移動)に対して動きが不十分な場合があります。

そのためインビザライン単独で治療を始めても最終的にはワイヤーによる調整が必要になる場合があります。

インビザラインを補助する目的で使用する従来型のワイヤーやブラケット、顎間ゴム、スライドアーチなどを「補助矯正装置」といいます。

インビザライン治療の前に行う場合や、途中またはインビザライン終了後に行う場合があります。

補助矯正期間は症状によって様々ですが3ヵ月から1年かかる場合もあります。

しかしインビザラインと併用することによりトータルの治療期間(補助矯正+インビザライン治療期間)を減少できるメリットがあります。

補助矯正をとりいれることにより、難しいケースにおいてもより理想的な治療を行うことができます。


補助矯正を行う時期(パターンA〜D)


A : 補助矯正を使用しない場合。歯を抜かないケースに多い。比較的トータルの治療期間が短い。
B : インビザライン開始前にスライドアーチやワイヤーを使用します。八重歯が著しく歯を抜くケースに多い。
C : 口元を引っ込めるために歯を抜くケースに多い。インビザライン終了後3〜6か月ワイヤーを装着します。
D : 重度に歯がガタガタで、さらに歯を抜いて矯正をするケースに多い。

歯の動きには個人差があるため治療期間が予定より短くなったり、長くなったりすることがあります。
また、予想に反して歯の移動が著しく遅い場合には使用する装置が変更になる場合もあります。
そのためAの治療計画がCになる場合があります。またBの治療計画がDになる場合があります。
逆にCだった治療計画がAになる場合もありますし、Dだった治療計画がBになる場合もあります。


インビザライン料金に含まれる補助矯正治療


●インビザラインと併用される従来型の矯正装置

表側ブラケット
機能性や審美性において様々なタイプのブラケットがあります。
患者様の希望にそって選択いたします。



セルフライゲーション型ブラケット
見た目は目立ちますが、歯の移動が速く、痛みが少ない。

インビザライン開始前や後に使用される場合があります。治療期間を大きく短縮できます。
当院ではデーモンシステムまたは審美性の良いクリッピーCのブラケットを使用しています。



審美型ブラケット
見た目は良いが、歯の移動がセルフライゲーション型と比べてやや遅い。

インビザライン終了後にブラケットの装着が必要な場合こちらのクリアブラケットをお勧めしております。
ほとんど目立たず、最終的な歯の移動に最適なブラケットです。


裏側のブラケット
裏側ブラケット

歯の裏側(前歯のみ)に装置をつけるため正面から装置は見えません。
スライドアーチと併用することで、治療初期に見た目やガタガタの改善ができます。
前歯の裏にしかブラケットをつけないので、発音障害や舌の痛みはほとんどありません。

当院ではSTbブラケットまたは機能性の良い2Dリンガルブラケットを使用しています。


インビザラインを補助する矯正装置1
顎間エラスティック(ゴム)

上下の歯の咬み合わせを改善、微調整するために使用します。
アライナーまたは歯にゴムをひっかけるためのポッチをつけます。
ゴムは口腔内の側方につけるためほとんど目立ちません。



●インビザラインと併用される特殊な裏側矯正装置


スライドアーチ
スライドアーチ
(インビザライン補助型舌側犬歯牽引装置)2008年6月「Slide Arch」特許取得。

インビザライン治療前に約3か月〜半年間セットし、犬歯の牽引、前歯のガタガタの改善をおこないます。
ブラケットと比べ痛みや違和感は少なく、ゴムのみによる牽引のため歯がスピーディーに動きます。
通院は1〜1.5か月に1回。スライドアーチによる矯正治療終了後、インビザライン治療へ移行していきます。





インビザライン料金に含まれない補助矯正治療 (追加費用 105,000〜210,000円)



裏側ブラケットを歯の裏側全体につけて行う補助矯正治療です。インビザライン終了後に行います。
見えないという利点がありますが、インビザラインと比べてしゃべりずらい、舌が痛いなどの欠点があります。










東京マウスピース矯正センター・青山アール矯正歯科  東京都港区南青山1丁目15番2号 越山ビル2階  TEL.03−3746−4180
青山アール矯正歯科東京公式サイト
青山アール矯正歯科 大阪