マウスピース矯正治療の流れ / 東京マウスピース矯正センター



東京 青山アール矯正歯科
マウスピース矯正インビザライン ト患者様向けムービー



インビザライン矯正の流れ


インビザライン治療の流れ-1
Step 1 矯正相談
矯正医がお口のお悩みをお聞きし、必要な処置や治療期間、費用などをご説明します。
矯正を希望される場合は精密検査のご予約を取ります。
精密検査のみのご予約も可能です。
約30分〜60分を要します。
治療をお急ぎの方、遠方からいらっしゃる方のために




Step 2 精密検査
インビザライン矯正治療に必要な検査を行います。
口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の印象採得を行います。
約30分〜40分を要します。
次回のコンサルテーションのご予約を取ります。

米国に送付された歯型をもとに診断用の治療プログラムの作製をします。
治療をお急ぎの方、遠方からいらっしゃる方のために



インビザライン治療の流れ-3
Step 3 コンサルテーション
診断結果、治療計画や治療期間についての説明を行います。

治療プログラムの確認を行い、必要があれば修正を行います。

矯正を希望される場合は契約書類の作製を行います。

矯正治療や抜歯治療などの日程を決めます。
虫歯がある場合は他医院への紹介状を作製します。
約30分〜40分を要します。
治療をお急ぎの方、遠方からいらっしゃる方のために




Step 4 インビザラインの発注
治療計画、治療プログラムに問題が無ければ、患者様の同意のもと治療プログラムの承認を行いインビザラインを発注します。

治療プログラムの承認を行い、インビザラインが到着するまで約2週間かかります。
治療をお急ぎの方、遠方からいらっしゃる方のために



あなたのインビザラインができるまで  

アライン社のプログラマーと日本の矯正医が決定した治療計画をもとにアメリカでアライナーが製造されます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。


インビザライン治療の流れ-5
Step 5 インビザライン治療開始
最初のマウスピース(アライナー)に関する説明と注意事項を受けて頂きます。
必要があればアタッチメントの装着や歯のサイズの調整(IPR)を行います。
その後アライナーの取り外しの仕方を練習します。
矯正医から次回の来院までのアライナーを受け取ります。(2〜3ヶ月分)
約60分を要します。



ご自宅でのステップ

1日20時間の装着。2週間ごとに次のステップのインビザラインに患者さま自身で交換して頂きます。


医院と1.5ヶ月ごとに電話、メールもしくは無料インターネット電話スカイプにてインビザライン使用状況の確認を行ないます。

確認事項
 1. インビザライン装着時間、装着状況
 2. アタッチメントの有無
 3. 歯の痛みや装着感
 4. 歯ブラシの状況



医院でのステップ

定期的に歯の動きを確認します。

・1.5〜3ヶ月ごとに御来院して頂きインビザライン使用状況、口腔内の状態を確認します。

確認事項
 1. インビザライン装着時間、装着状況
 2. アタッチメントの有無
 3.インビザラインの適合状態
 4.咬み合わせの状態
 5.口腔の衛生状態
 6.矯正治療に対するモチベーション
 7.次のインビザラインの適合状態




インビザライン治療の流れ-6
Step 6 アライナー全セットの装着を完了
最後のインビザライン全セットを終了後に診療のご予約をして頂きます。
医院にて矯正医が最終的な咬み合わせをチェックします。

診査事項
 1. 歯が計画どおり動いているかを確認。
 2. 治療後のレントゲン撮影、口腔内写真撮影。
 3. 咬み合わせの確認と調整。

インビザライン終了後問題なければメインテナンスへ移行します。
歯を保持するためのリテーナーを作製し、担当医の指示に従って装着します。

さらに歯を動かす必要がある場合はアライナー追加のための型取り(ケースリファイメント)を行ないます。



インビザライン治療の流れ-7
Step 7  メインテナンス
3〜6ヶ月ごとに通院し、歯並びのチェックを行います。
問題がなければリテーナーの装着を担当医の指示に従い継続します。
症例にもよりますが保定は平均2年行います。





インビザライン治療の平均来院回数
・1年で終了する場合 トータルの来院回数 計約7〜8日
・2年で終了する場合 トータルの来院回数 計約10〜14日

注)インビザライン以外に併用治療が必要な場合はこの限りではありません。



インビザラインを補助する様々な矯正装置
インビザライン単独では治療が困難であると予想される場合、インビザライン治療前後に固定式の補助矯正装置が必要になる場合があります。補助矯正治療の期間は通常3〜6か月です。スライドアーチや通常のブラケットを使用します。
インビザラインを補助する矯正装置1
スライドアーチ
裏側のブラケット
顎間ゴム:
症例により奥歯の関係を改善するために上下のアライナーにゴムをかける場合があります。

スライドアーチ:
著しいガタガタを改善するためにアライナーを装着する前の3〜6ヶ月間だけ使用します。

裏側のブラケット:
アライナーのみで困難な歯の動きは、従来型のブラケットとワイヤーを併用します。



補助矯正を行う時期(パターンA〜D)



アタッチメントとIPR(歯のサイズの調整)
インビザラインによる治療ではアライナーによる歯の動きを補助する目的で歯に樹脂状の厚さ2mm程度の突起物(アタッチメント)をつけたり、歯の並ぶスペースを確保するために歯の隣接面を削って歯のサイズを小さくすることがあります。虫歯になりやすくなったり、痛みがでることはありません。
インビザラインを補助する矯正装置4
インビザラインを補助する矯正装置5
アタッチメント:
歯と同じ色なのでつけていても目立ちません。

IPR:
0.2〜0.5mmのスペースを作るために特殊な器具を使用します。

IPR量は歯のエナメル質の約4分の1程度になります。
歯に対する影響はほとんどありません。


メインテナンス(歯の移動後の保定)
インビザラインによる歯の移動が終了後、メインテナンスに移行します。メインテナンスに使用する器具を保定装置(リテーナー)と言います。
リテーナーは患者さんのお口の状況により使用するタイプや装着時間、装着期間が異なります。夜のみ装着して頂く場合や1日中装着して頂くこともあります。通常リテーナーは歯を動かすのに要した期間(1〜2年)装着します。3〜6か月ごとの来院になります。
インビジブルアールタイプ
マウスピースタイプ
フィックスタイプ(固定式)
インビジブルアールタイプ:
上下の歯がしっかり咬めるようになっています。取り外し式。装着しても見えません。

マウスピースタイプ:
インビザラインと同じタイプのリテーナー。
取り外し式。装着していても見えません。

フィックスタイプ(固定式):
歯の裏側をワイヤーで固定します。固定式のためデンタルフロスが使えません。



手入れ方法
使用中のアライナーは常に洗浄してから口腔内にセットします。
アライナーは歯を磨くように普通の歯ブラシを用いてブラッシングし、汚れを取り除いて下さい。
汚れが気になる方にはインビザライン専用のクリーナーをお勧め致しております。

外出時は必ずインビザラインの専用のケースを御携帯下さい。置き忘れの紛失を防ぐことができます。



●インビザライン取扱いの注意事項
むやみにアライナーを口腔内から取り外すと破折する場合があります。
口腔内から取り外す際はなるべく奥歯の方から、左右均等にアライナーを浮かせながら少しづつ外してください。
外したアライナーは紛失防止のためケースにいれるように心がけてください。
インビザラインも歯と同様にプラークが表面に付着します。最低1日に1回は歯と同じように歯ブラシで清掃してください。
インビザラインは煮沸消毒しないで下さい。インビザラインが変型したり溶けてしまたっりすることがあります(左の画像)。



●インビザラインの洗浄剤 (クリーニング・クリスタル)
化学的に汚れを落としたい方にはアライナー専用の洗浄剤を使用していただくことも可能です。
1.アライナーを取り外し、常温の水道水で洗浄します。
2.約40度の温水にクリーニングクリスタルを一袋を溶かします。
3.アライナーを入れ、15分間浸しておきます。
4.溶液中で柔らかい歯ブラシを用いて軽くこすります。
5.最後に流水でアライナーをよく洗います。



●アライナーの上下およびステージ数の判別
現在装着しているアライナーのステージ数、上下が解らなくなっても心配いりません。
上の歯用と下の歯用のインビザラインを区別するために、アライナーに上の歯用には「U」、下の歯用には「L」と印されています。
U,Lの後ろに現在のステージ数(N)が印字されています。(例 上アゴ用の9番目のアライナー: U 09N)






●Aligner Chewie(アライナー・チュウィー)
アライナーを歯列によりしっかりとフィットさせる為の補助として、装着時に使用します。
装着時にアライナー・チュウィーを咬むことにより歯を動かす違和感を軽減する効果があります。
<一般的な使用法>
アライナー装着の都度、チュウイーを全歯列に渡り2分〜5分程度、満遍なく噛み込む様に使用します。
新しいステージのアライナーに進む都度、主に最初の3、4日間に使用します。



インビザラインで矯正中は口内を清潔に保つ必要があります。
1.水以外の着色のある飲料水を飲む時はなるべくアライナーを外して下さい。歯に汚れが着きやすい傾向があります。
2.虫歯や歯肉炎を予防するために、食後は必ず歯を磨いてからアライナーを装着して下さい。
3.アライナーを口腔内に装着する時は汚れが着いてないか確認して下さい。



自宅で簡単に汚れが落とせるアライナー用の超音波洗浄器 ¥7,000

W90×D155×深さ40mm

※購入希望の患者様は当院までお問い合わせ下さい。









東京マウスピース矯正センター・青山アール矯正歯科  東京都港区南青山1丁目15番2号 越山ビル2階  TEL.03−3746−4180
青山アール矯正歯科東京公式サイト
青山アール矯正歯科 大阪