インビザラインの特長 / 東京マウスピース矯正センター



東京 青山アール矯正歯科
マウスピース矯正インビザライン ト患者様向けムービー



インビザラインの特長



インビザライン使用中。クリックして拡大画像をご覧ください。インビザライン使用中。クリックして拡大画像をご覧ください。インビザライン使用中。クリックして拡大画像をご覧ください。
インビザライン装着中のモデルさんです。
写真をクリックして拡大画像をご確認ください。

 「透明」であるということ
インビザラインは薄い透明のプラスチックでできているため、装着してもほとんどわかりません。
矯正治療中であっても口元を気にせず笑顔を見せることができます。
相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。




 自分で取り外し可能、しかも快適。
インビザライン自分で取り外しが可能なため、ブラッシングがし易く、他の矯正装置と比べ歯にプラークが着きません。
またワイヤーを使用しないため、口の中を快適に保つことができます。日頃の多忙なライフ スタイルにも支障はありません。
1.5〜3ヶ月ごとの受診のたびに、治療の進行状況に応じ、新しいアライナーを担当の矯正医から受け取ります。
自分で取り外し可能なので、食生活もこれまで通り行えます。


1.痛みがほとんど無い

ブラケットやワイヤーを使用しないため装置が粘膜や舌にあたる痛み、それによる口内炎を生じることがありません。従来型のワイヤーを用いた矯正治療と違い、移動中の歯に特に強い痛みを感じることがありません。新しいアライナーに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。


2.取り外しができて衛生的

アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。また、アライナーは歯ブラシで簡単に洗浄ができ、いつも綺麗に保つことができます。


3.食べたい物がたべられる

食事の時は装置を外すことが可能なので、従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。食事制限がないため矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。


4.金属による悩みも解消

インビザラインはプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。


5.透明で目立たなく、しゃべりやすい

アライナーは薄く透明なので、歯につけていても目立たないのが大きな特長です。
歯茎までの薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害がありません。
接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。





The clear alternative to braces.
Invisalign uses a series of clear aligners that are custom-molded to fit you.
The virtually invisible aligners gradually reposition your teeth into a smile you'll be proud of.

 ・Remove your aligners to eat, brush and floss
 ・Change aligners every two weeks
 ・Your teeth move little by little
 ・Regular progress checks with your dentist or orthodontist
 ・Results often in 6 months to 1 year




 他の矯正装置と比較した長所と短所

長所 他の矯正装置と比べて虫歯や歯周炎になりにくい。
他の矯正治療と比べて大幅に通院回数が少ない。
ブラケット脱離やワイヤーが粘膜に刺さるなどの緊急のトラブルがないため遠方の方でも安心して矯正が出来る。
プラークの沈着が少ないため矯正中は歯周組織が健康に保てる。
矯正力による痛みがほとんどない。
装置が見えない、目立たない。
ホワイトニングが同時に行える。



短所 症状によりアライナー単独では治療出来ない場合がある。
その場合はインビザライン治療の前後に従来型の矯正装置が必要になる。
食事のたびに装置を取り外す手間がかかる。
取り外し式装置のため治療結果が患者の協力度に左右される。
他の矯正装置よりコストが高いため治療費が高くなる。
12歳臼歯が生えていない小児(小学生)の矯正治療には適さない。


インビザライン治療におけるよくある質問や誤解
他のマウスピース型矯正装置(クリアライナーなど)との違い




 インビザライン体験談

山梨の医大生O.T.さんからのメール  「最大のメリットは通院が少なくてすむこ と!」

インビザラインの感想

顔の骨を事故で骨折した時に、上の前歯が曲がってしまいまし た。矯正経験のある友人たちから、痛い、虫歯になりやすい、口内炎がで きると脅かされ、矯正をあきらめようと思っていましたが、インビザラインのことを知り、矯正歯科を受診しました。

治療を始めて1年ほどですが、感想は大満足の一言です。

痛みですが、新しいマウスピースに変わってから3〜4日 ほどは確かにあるのですが、友人に聞いていた、我慢できないほ ど!ということはまったくありません。むしろその後1週間ちょっとは殆ど痛みも違和感もなく、つけているのを忘れそうになります。

また、インビザラインは食事中はずすことができ、その後普通に歯磨きができます。そのためご飯もおいしく食べられて、虫歯の心配もまっ たくありませんでした。

インビザラインはとても薄くてなめらかな材質のため、粘膜や舌 にあ たることもなく、結局口内炎は一度もできませんでした。

そのほか、私は食事のとき以外はいつも装着していましたが、私 から教えない限り、インビザラインを装着していることに気づいた友人は一人もいませんでした。インビザラインは矯正を他人に知られたくない人にも最適な方法だと思います。

もちろん矯正も順調で、大きく曲がっていた上の歯はもちろん、それにあわせて全体の歯並びも改善しているので、治療前と比べて見た目だけでなく、噛みあわせまでが良くなっていることを実感しています。

最後に、私が最大のメリットだと考えるのは、通院が少なくてすむことです。

インビザラインは最初に型をとってしまえば、歯並びが完成するまでのマウスピースが全部できてしまいます。そのためマウスピースを受け取ってしまえば、通院は途中経過のチェックなど、最低限ですみます。実際、私は他県からの通院なのですが、マウスピースを受け取ってからのおよそ10ヶ月の治療期間中で、通院したのはたったの2度だったので、まったく困りませんでした。本当に、忙しい方、遠方の方にもお勧めできます。



ニューヨーク在住J.T.さんからのメール  『通院回数少なく、痛くなく、目立たない画期的な治療法』

インビザラインの感想

子供の頃は歯並びについてあまり関心はありませんでした。しかし、ここ数年は、自分の歯がガタガタしていることに気づき矯正治療をうけたいと考えるようになりました。また、私はニューヨークに住んでおり、アメリカの人々はとても歯がきれいと感じます。どうしてそんなに歯がきれいのか不思議に思い尋ねると、ほとんどの人が矯正治療を経験しており、逆に「どうして日本人は歯が汚い人が多いのか?」と聞かれる始末でした。そのような経験もあり、ますます矯正治療を受けたい気持ちは募りました。しかし、私の矯正治療のイメージとしては目立つ金属の装置、治療期間は長い、痛いといったものでなかなかいざやろうと決断できませんでした。また、日本とアメリカを行き来するので長い間定期的に通院することができないので半ばあきらめていました。そこで出会ったのがインビザラインという治療法でした。

私にとってこの治療法の最大のメリットは通院回数の少なさでした。実際、私はニューヨークに住んでいることもあり、通院した回数はたったの2回だけでした。後は先生がメールと電話でしっかりと連絡をしてくださったので不安もなく治療が受けられました。
加えて、治療中は痛みもほとんどない、ご飯も歯磨きも不自由なくいままで通りに行えますし、誰からも矯正をしていることを気づかれなく、私自身も矯正治療中であることを忘れてしまうほどでした。逆にあまりにも気づかれないことがうれしく、友人には矯正治療をしていることを打ち明けたくなるほどでした。唯一注意していたことは受け取ったマウスピースをなくさないようにすることだけで、私の矯正治療の悪いイメージを払拭する大満足の結果でした

歯並びがきれいになり友人や同僚からも歯がきれいと褒められますし、私自身も笑顔に自信が持てるようになりとても満足しています。本当にインビザラインという治療に巡り会えてよかったと思います。アメリカではポピュラーな治療法ですが、日本ではあまりまだ知られていないようなのでこの画期的な治療法をもっと多くの人が受けられたら本当に良いと思います。








東京マウスピース矯正センター・青山アール矯正歯科  東京都港区南青山1丁目15番2号 越山ビル2階  TEL.03−3746−4180
青山アール矯正歯科東京公式サイト
青山アール矯正歯科 大阪